七月の台風なのにあり得ない方向にやってきて
見事日曜日に関東付近に到達。

雨の合間を縫って図書館へ、雑誌とか読みあさってたら
「2050年の8月東京AM6:00 摂氏41度」
って書いてありました、しかもコレでも控えめな予測なんですね
こんに暑くなったらさらにエアコン回してってもう止まらない悪循環。

エコやらなんやら流行ってきてるので、日本全体の二酸化炭素排出量は
減ってるんだろうなとおもったら、そうでもないようで
産業分野では緩やかに減少してるもの、全体ではガンガン増加中。

1990年と比べると25%の増加、自分の生活だけで考えると90年頃と比べ
なにがそんなに変わったかなぁ、と思い
ロボットが生活に入ってきたわけでもなく、相変わらずな気もするんですが
携帯電話を持つようになり、バイクに乗るようになったかな?



全体で見ると、消費が急拡大してるように思います
なんでも量販店と呼ばれる店が急激に増え、自分の行動範囲でも
ショッピングモールと呼ばれる大型店舗が
綾瀬、海老名、大和、藤沢、相模原、港北と一気に増えました。

車、電化製品、携帯などのライフサイクルが短くなり
悪くなったら、修理より買い替えですしね。

富士通のデータでデスクトップパソコン一製品の
ライフサイクル(製造から廃棄まで)の二酸化炭素排出量でみると
全体を100として、素材33 製造1.72 流通0.01 使用66 改修廃棄0.02

製品を買うまでの行程で全排出量の約35%だから結構おおきいですね
ちなみに二酸化炭素排出量は350kg
1500ccの車でいうとざっと3000km走行相当。

エコな製品に買い替えましょうとか、よくやってますが
この辺の根拠がはっきりしないですね

購入までの負荷が大きい事を考えると
少し効率が悪くても、使うであろう年数で計算すると
修理した方が良いんじゃないのかな、とも思うのですが
まぁそれだと売る方は商売成り立たないですしね。

しかし、国ぐるみでやってる地上波デジタルテレビは
どうかなぁと思います
買い替え需要の掘返しともはっきりいってますしね。